ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その5

ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その5

浮気・不倫をする人妻の特徴や攻略

ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その5

投稿日:

さて2019年も西内まりやにの人妻との不倫体験まとめをご紹介していきますが、つい最近ふと思ったのですが、肝心の本物の西内まりやをTVで見かけることがめっぽう少なくなってしまったことです。

私も彼女のファンでもあり、ドラマに出演していたときなどは必ずと行っても見ていましたし、どうしてこんなにメディア露出が少なくなってしまったのか‥大変残念です。。

そして彼女が都内で行われたイベントに参加したようで、そこでイメチェンした彼女の画像が上がっていたわけですが‥なんか‥俺の知ってる西内まりやとチャウ‥・・。

詳しく下記のリンクを見て頂ければ私の意見に同感されるかと思われます‥・・・・。。

西内まりや、“チェリーピンク”ヘアにイメチェン 明るめスタイルに「真似したい」「めちゃくちゃ可愛い」の声

んんん~彼女の心境に変化が起こっているのか、それとも事務所側の意向かは定かではありませんが、私の好きな西内まりやは健康的で大人っぽさと子供っぽさを兼ね備えているところが魅力と感じています。

まあ、私が嘆いたところで何も意味もないですよね(笑)。。私の思いはこの辺にして不倫劇場の続きを見ていきましょう!

下記に過去の記事も紹介しておりますので、まだ見てない方は是非ともすべて一読して見てくださいね!

ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談の過去のまとめ記事

ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その1
ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その1

新年あけましておめでとございます。2018年も人妻をツーショットダイヤルでものにしていきたい所存でございますが、今回は人妻の魅力について改めて触れていきたいと思います。 このサイトを見ている男性は既婚 ...

続きを見る


ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その2
ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その2

私の個人的に好きな西内まりやのシーンです。 そういえば私はあまりテレビを見ることがないのですが、西内まりやって芸能界から半分干され気味になっていたのですね。 きれいで才能あふれる女優さんだけに大変もっ ...

続きを見る


ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その3
ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その3

長らくおまたせしてしまいまして申し訳ありません! ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談のパート3です!! 前回までの内容は下記に用意しましたので是非とも過去から一読してみたください。更に興奮度マッ ...

続きを見る


ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その4
ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その4

長らくお待たせいたしました!待望の西内まりや似の人妻との不倫体験談投稿です! とうとうその4っとなってしまいましたが、下記に過去の記事も用意しておりますのでそちらも是非とも一読下さい。 なんともウラヤ ...

続きを見る

【前編】ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その5

589:
俺男です いろいろありがとうございます
間があいたのはバレたのではなく何もイベントがなかったからです
正確にはありましたがあまりおもしろいものではないので、、

バレたというよりもむしろ疑われていないことがよけい確実になったというか
ちょっと書いてみます

590:
次の日曜
嫁子とまりやがまた外出
最近二人の外出が多く気になる
例の相談事とか話すのだろうか

それについて(まりやの不倫相談)はこっちから気にする素振りをするのは
どんな形であってもやめたほうがいいと判断
その後その件については嫁子に対しては一切コメントせず嫁子からも話は無い

忘れたかのように日々過ごしていた
そしたら、またこの週末に二人が外出、、
まりやと嫁子の共通の趣味の芝居、演劇鑑賞
にその日もでかけるはずだった
マイナーだけどその筋の人には人気がある劇団

591:
が、その朝に嫁子が急に発熱
結構高熱だったため嫁子、まりやとおそらく朝からLINEでずっと調整

結果
(嫁)「今日私こんなんで行けないから俺さんが代わりに芝居見てきてよ」
(俺)「なんで俺??」
(嫁)「だって私がこれ観に行くといったら興味ありそうなこといってたでしょ。
結構チケット高いから行ってきてどんなだったか教えてよ。
今から他に行く人探すのも無理っぽいし、、」
(俺)「そうじゃなくってさ、俺がいっていいの?まりやちゃんは?問題ないの?」
(嫁)「聞いたら俺さんでいいって、別にいいんじゃない、向こうの旦那さんだってよく知ってるし
気にするほうがおかしいよ」

592:
(俺)「そうかもしんないけどさ、まりやちゃんの旦那さんがいけばいいじゃない?」
(嫁)「いけるわけないっしょ、どっちかが子守しなきゃならないんだし。
あと、興味ないんだって、まりやっちが嘆いてた。
嫁子の旦那さんは芝居分かる人でいいなあって羨ましがられたよ、だから行ってきなよ。」
(俺)「、、、、、」

(嫁)「ついでに今つきあってる人のことも聞いちゃえば??
いや、ダメだ、嘘、今のなし、誰にも言わないでねって言ってたから
知らないフリしてて。もしかしてその話してきたら初めてきいたように
聞いといてね、絶対に、これホントにお願い。」
(俺)「、、、、、」

593:
(嫁)「あとさ、たまにはかわいい女子としっかりデートしてきなって。
まりやっちかわいいでしょ、私かわいい子大好き~。」

そ、そりゃ俺だって大好きだけどさ、、、とは言えない
冗談でも言えない

どうすりゃいいんだこれ、、と思いながら
(俺)「あーー、んーーー」
と生返事のフリ

嫁子は話し続ける

594:
(嫁)「芝居が終わったらちゃんと食事してくんだよ、そして絶対
奢ってあげないとだめだよ、俺さんそのへんぼさっとしてるんだから。
私の旦那なんだからかっこ悪い真似しないでね。
飲んできたっていいからさ。
私の愚痴いってきなよ、あとで全部まりやから聞くからさ
ほら、楽しんでおいで」
と背中をぽん。

俺、嫁子の代役が俺ってのを提案したのが嫁子かまりやか聞きたかった
でもそれを嫁子に聞くのももうやばいなと思っていたのできかず
ただまりやがOKしたことは間違いない

595:
そして、このやりとりから考えると
少なくとも嫁子は二人のことを全くかけらも疑ってないように思えたので
ある意味ほっとした、これはかなりほっとした 心底ほっとした

でもそれだけに少しでも間違うと一気に全てが崩れ落ちる危険性も感じた
ここでの判断が大きな分かれ道

あえてまりやと芝居を観に行って結果報告を明るく嫁子にすれば
逆にさらに何にもないことのアピールにできるのではないか

いやいや、この場面では固く断ってそういう距離感ではないということを
主張したほうが今後のため、、
迷いましたよ

返事ちょっとまってもらい考えましたよ
脳みそウニになるぐらい

596:
考えられるケース

■芝居行く→その後食事と軽飲みだけで帰る

これ、実はやりたい
もうまりやの事が真剣に好きになっているので
あのカラダには骨の髄まで参ってはいるけれど
芝居や映画を見てそれについてゆっくり語り合ったりその他いろんなことを
話したい

そもそも今お互いどう考えてるのか、今後どうしたいのか
バレないためにどういうルールにするか、
中出ししたときどう思ったのか
そして今後も、、、

とかもうねまりやのこと全て知りたいんですよ
髪の毛の先からつま先まで脳みそのシワまで
全部が気になる
毎日気になる

597:
■芝居行く→その後ホテル

観劇後もそれぐらいの時間はある
遅くなっても話が盛り上がったと説明すれば不自然ではなさそう
でもね、嫁子が二人でいるのを知ってる状態で彼女とカラダをあわせるのは
ちょっと危険、リスク高い

風が吹けば桶屋が儲かるようなレベルで何かを察知するのが妻という生き物

無理だな、これ
でも知られてる状態でやるのは今までにないスパイスに
なりまた違うレベルで盛り上がりそうだな、、、と思いつつ

やはりリスク高すぎ、ないな、これ、、でもしたいな、、でも、、だめだな、

ないな、でもしたいな ←ここかなりループ

598:
あとさ、普通に考えるとさ
芝居終わったあと飲み屋とかにいって二人で乾杯しながら
写メLINEを嫁子に送るぐらいしないとな
それしないといけないよね、ある種の証明として

そんでさ、芝居の前後、飲みはじめのタイミング
あと今から帰るよとかは細かく嫁子にメッセ

まりやからも同じようなメッセを嫁子に送るべきじゃないか

それ全部ウソのメッセージ送るってのはちょっとはばかられた
あまりに計画的、作為的、確信犯的な感じがして

599:
まあやることやりまくってるから今さら何をって感じも強いが
でもやるならやる、やりきる
そして絶対にバレないようにするってのがルールのような気がする

そして計画的、作為的、確信犯的な嘘をまりやにも強要することになる
それって二人のこれからにあまりよい作用を及ぼさないような気がした

確かに共犯感覚は悪いものではないけども、親友や嫁をその視点からも蔑ろにする
そしてさせる、、、のは抵抗があった

なんで結果としてはホテルは無しだな、、、
そして、そして、、、いろんなことを考えて

結局やめました、いきませんでした
なんだよそれつまんねーという大合唱は甘んじて体中に浴びる覚悟です

600:
理由は、、まりやとの仲は関係ない理由です
38度以上ある嫁子に息子の世話をまかせて俺一人が楽しみにいく
のはどうなんだろう

3才児の面倒を1日ワンオペで見るのは元気なときでも結構に体力を使う
それを高熱で苦しむ嫁子にまかせていくのは自分的にも納得がいかず
結果としてはそれを理由に行きませんでした

(嫁)「ええええ、なんで?行かないの?まりやっち悲しむよ~」
(俺)「病気の嫁に子供の面倒まかせて遊びに行けるかよ!」
(嫁)「だから私がいいって言ってるじゃん、まりやからも
『俺さん一日借りちゃっていいの?やったー』ってメッセージきてたよ
ほれ、ほれ、もったいないよまりやっちほどの女の子が、
もうこんな機会ないよ、、」

601:
俺、ぐらぐら揺れながらも

(俺)「いや、いかない、まりやちゃんにはゴメンっていっといて」
(嫁)「はいはい、わかりました」

と日曜午後は嫁と息子のケアに専念
まりやにはこっそりいけなくてごめんとメッセ
返事なし

結果としはていかなくて正解でした
嫁子翌日インフルA型発症、熱は一時39度まであがり呼吸ぜいぜい

今週は家事育児オールワンオペでフル対応で大忙しです
いろいろ書き込めなかったのは時間がなかったせいもあります

602:
やはり今回の収穫は嫁子が全く疑ってないことがほぼ確定なこと

一方向こうの旦那さん側はどうかわからない
でももしそんな素振りがあったらまりやも俺の代役をOKしなかっただろうから
おそらく変な雰囲気にはなってないんだと思う

今嫁子は薬が効いて今朝ぐらいからはもう全くインフルの影響はなく元気
でも今週中は出社NGなので家で活き活きとしています
ヒマでしょうがないみたい
今週末もまりやっちとリベンジ飲みにいっていいかなとか聞いてくる始末
んー

603:
今までのところは危なっかしいところはあるもののとりあえず大きなポカは
回避できてる

不倫相談相手の説明を絶妙に事実とずらしていたり、、
でもこの二人のコンタクト頻度の増加ぶりは不安、、
でもいいのか、ここまで信用されているなら逆にそのほうが疑われないのか、、

制限するのも変すぎるので自由にさせるしかないのだけれども
複雑な気分であることは間違いない

604:
あとひとつ変化点
まりや対策としてジムに行き筋力心肺機能持久力など鍛えまくっている
セックス筋を重点的に鍛えまくった結果

先週嫁子ともやったんですが
ものすごく楽に嫁子をイカセられるようになりました
もう赤子の手をひねるかのように、、
そしてもう数年嫁子とやるときは1晩1回でしたが
あまりに簡単にイカせることができたため
先週は2回半(藁

その結果ですね、、、
嫁子の機嫌がすごくいいんですよ、やっぱり
夫婦にとってセックスは一番ではないかもしれないですが
ものすごく重要な要素であることはまちがいないわけで、

605:
行かなくて正解

後バレるのは大体女側からのほうが多い。俺氏がどんなに気をつけてもそればっかりはどうにもできない。

本気になるのはかまわないと思うがある程度線引いて楽しむのが吉。
よしんば嫁と別れてマリア氏と一緒になったとしても九割方上手くはいかないだろう。
と、経験者は思う

606:
そこをそこそこ充足させておくってことはいろんな意味で
よかったと改めて確信
そこそこというのは、、
今までやんなかった技をいきなり展開、、というのもまた
疑われポイントだと思うので
まりやではじめてやったようなことは全くせず
今までやってきたことを今までやってきたように
でも今までよりはかなり余裕がある筋力、心肺機能で
全局面で相手を圧倒できた
これ意外と大きなポイントかなと思いました

607:
そしてそういうのの積み重ね、、

あと家族ぐるみの付き合い(旅行とか)
そしてまりやが嫁子に話す俺への評価とか感覚
さらにの背景事情としては俺が家事育児に積極的に参加している
こともあるかも

そういうもの全てが今の嫁子の信頼感につながって
この芝居代役提案につながったのかなと思います

稚拙な自己分析ですがもしそうだとすれば
それぞれの信頼ポイントをキープ、もしくはすこーしづつ深めていき
さらに夫婦間、家族間の2つの違った角度の信頼度を深めていくことが
今の関係性をキープしていくための最重要課題

608:
そしてそれはまりやとの関係だけではなく
家庭内、夫婦間の信頼性構築としてもすごく良いこと

そうだ、それだ、今の俺が一番邁進するべきなのはこれしかない
相撲取りのように不撓不屈、一意専心、勇往邁進、全身全霊で
取り組むべきはこれしかない、、と
持論が自信になり確信になりました
ってのはスケート選手がいったんだったけっか

いや、、、偉そうなことを言ってますが、、
ある意味もっとも卑劣で狡猾で最低最悪な男なんでしょうね、これ

609:
ばれなければそこそこいい感じの夫、そしてカラダの相性最高な遊び相手
でもバレてしまったら、、

刺されてもしょうがないですよ
アレもコレもこんなこともそんなことまで全部
嘘だったのね
二人で私を騙したのね
死ぬ、死んでやる、あなたを殺して私も死ぬぅぅぅぅ
ってなりますよ、マジで

なってもおかしくないしそれだけのことをやっている
その自覚をもちました

上記の方向が今の自分には正しい方向だと確信はあるものの同時にそれは
ある人にとっては死ぬ殺すの沙汰になってもおかしくないことなんだなと

610:
それをわかってやらないと大人じゃないですよね

無心になってまりやのカラダを貪っているときは少年以前に
もう人間からすらはなれてひとつの生き物的な感じではあるけれど
いざそこから離れたら全局面からこういうことを意識しながら生きて
いかなきゃなんない

子供含めて6人、さらにはそれに関係するいろんな人が一気に不幸になってしまう

上の人も書いていましたが、もし、もし
二人が離婚してまりやとなんらかの形で繋がったとして
お互い一番同士になってしまうと長く続くとはおもえない

打ち上げ花火は打ち上げ続けるわけにはいかないんですよ

611:
そして打ち上げ花火としては宇宙一のまりやであっても
日常をいっしょに過ごす相手としてはどうだかわからない

二番同士マジック、秘め事スパイスなしのただの男女になったときに
どうなるかは誰にもわかりません
意外とうまくいくのかもしれませんが

でも家庭をつぶす気はさらさらない
となるとやはり上記事項を堅忍不抜で(しつこいよおめえよ)やりぬくしかないわけですね

先日の中出し日以来まりやとの直接コンタクトやメッセは他にはありません
ずっと前の
「会えない時間が愛育てるんだよ」というまりやの言葉を胸に抱き
深く深く愛を育てています

でもジムでは次はこんなことしてやる、あんなことしてやる
こんな体勢でも「んああああーーー」と言いながら唾液たらさせてやる!
と思いながら各場所の筋肉をいじめ抜いています

今回は以上

612:
また長いわりにエロ度皆無ですみません

今週はいろいろ大変でストレスがピークなわりに体調の関係で嫁子とは
セックスしないと思うので、ムンムンムラムラ気づいたらもっこり君に
なったりしています

今までのまりやとの戦いをゆっくり反芻したりしています

しかし、、、会いたいですね、、とても

613:
今が一番楽しいときじゃないか

614:
個人的にはエロ描写よりこういう心理描写の方が面白い。
同じ様な経験したけど、家庭壊したくないなら徐々にでもまりあとフェイドアウトする事をお勧めするよ。その甘美な毒は猛毒の致死性だからね。

616:
なんのかんの言っても、俺男は十分抑制きいてるな
自分だったらほいほい出かけてるよw

でも、早くアポとるんだ
まりやも待ってるぞ
そしてしっかり二人で話した方がいいぞ

617:
>>612
34俺男キタ━(゚∀゚)━!!!!
でもヤってなかったー

あくまで個人的な意見だけど演劇は見に行ってご飯や飲みに行かず早めに帰ってくるってのも良かったかも?
でも34俺男のことだから、会ったり隣に居ると我慢できずにイッてしまいそうw
それがわかってるから行かない選択をしたのなら34俺男わかってるな

618:
非現実的な想像だが…
実は嫁子に寝取られ趣味があり、旅行も相談も観劇も嫁子とまりやの仕組んだことだった…
何てね

620:
>>618
それだと嫁子の大逆転勝利なんだけどね。笑
現実的には、知り合いの旦那さんをつまみ食いして、且つ相談に乗ってもらう振りして嫁子チェックするという、まりやのクズっぷり。体は良いのかもしれないけど、俺男ちゃんも気をつけた方が良いと思うよ。

621:
家族で泊まりに行って相互観賞から乱交→スワッピングで皆幸せ

622:
まりやは、嫁にも浮気を勧めてるかもね

639:
ここはクズほど評価される。

643:
俺も34歳で春からか娘が幼稚園入園です。可愛い人妻と出会いあるかな?

644:
出会いなんか作るもんやで
待ってても来ないのやで

645:
俺も今年で35になるからスレ主とためかな?
羨ましいなぁ。可愛いママさんとそうゆう関係になりたい願望はあるけど嫁のことが大好きです。でも今春娘の入園後の生活はちょっと楽しみ。

646:
嫁のこと好きならやめとけ

前編は以上となります。

どうも記事を読んでいくと旦那の浮気の気配に奥様が一切気がついてないことが伺えますね。。

これを見て奥さんやそのお子さんに対する同情的な意見を述べる人も少なくないようですが、別な視点から見れば今の所は誰も傷ついている人もないので、この感じで続けていければ最もベストな状態とも言えますね。

ここまで読んできてみてまだ互いが浮気・不倫に対する罪悪感を感じつつ自分の家族を思う感情もちゃんと抱いているので問題は出てきてませんが、今後浮気から本気に変わってしまった場合は‥話は変わってきそうです。

され続きましてその後の彼らの不倫劇場の続きを見ていきましょう!

【後編】ママ友が西内まりや似!?人妻不倫の体験談2ちゃんまとめ-その5

36:
俺男です

あのあとずっと忙しかったのと
あまり面白いエピソードが
なかったので全然書けませんでした
その後もカミさんにはバレてません
まりやとは月イチ程度で会っています

そしてついにまたエピソードがおこったので
テキスト書き溜めています
前のような連投になると思いますが
こちらでいいですか?

42:
その後まりやとはいろいろ話し、
1月には少し会いすぎたのとあと中出しは
やりすぎと反省しました

その後は2月と3月に1回づつ会い、4月は年度初めの繁忙期で会う暇なくGWになだれ込み、
連休はまた旅行に行きました

と言っても今回は園の友達4家族で那須に行きました
4家族なので部屋も家族別、前回の伊豆以上に面白いことはありませんでした

77:
俺男です。また遅くなってしまいました。
先週末も嫁子とまりやは遊びに行って遅い時間に帰ってきました。
それだけならいつものことなんですが、、、
いつもならハイテンションで帰ってきて先に息子と寝てる俺を起こして
どんなことがあったとか話したりすることもあるほどなんですが

その日は、、
俺がたまたま寝付けなくてスマホ見てるときに帰ってきた
起きてったら珍しく酒煽ってる
といっても梅酒ですけどね

78:
どしたの?と聞いたら
(嫁)「まりやの状態が深刻すぎてさ、ほら以前にもちょっと話したでしょ
あれがかなりやばい感じになってきてんのよ」
(俺)「やばいってどんな感じなの?」
(嫁)「いやここまできたらさすがに俺さんにも言えないわ」
(俺)「、、、、まあ言わなくていいけどさ、まりやちゃんには最後まで
相談相手になってあげなよ」
(嫁)「んなこたあいわれなくてもそうするけどさ、、、
でも一体どうするつもりなんだろ、あの子、、
相談きいてたらもうなんにも言えなくなっちゃったよ」
やばいよーー、あいつ、、」(頭ガシガシ)

79:
俺、それ以上なにも話したり聞いたりすべきではないと判断
「寝るわ、風呂沸いてるからはいれば?、、」とだけいって寝室にIN

そして本題です
1月のあの日に中出ししまくり、、ブルってはいたのですが、
その日は生理が遅れぎみのタイミングで妊娠確率はかなり
低い日だったそうです
結果はシロ
まりやのほうから入れてきたとはいえ確証はなにもなかったので
数日間ヒヤヒヤしましたがこんなのはもうコリゴリです

80:
当然家庭をぶち壊す覚悟などなく、
ただまりやを離したくない、ふれあいたい、一番深く多く逝かせた男になりたい
と思っている現実があることも事実
ものすごい矛盾の中でただ忙しい時間を過ごす日々です

時系列にいきます

81:
2月、3月の逢瀬
これは普通に平日会社帰りにホテルにいきました
長く投稿があいたのはこのへんで特に変わったことがないためでした

内容、どちらも似たような感じで
前半、ひたすらキスしながらの正常位
まりやは俺の首、背中にがっちり手を回し
右手で自分の左腕の肘、左手で右腕の肘を掴む体制

ずっと鼻同士をこすりあったり舌をからませあったり
耳を甘噛みしたり
激しさはなくとても穏やかなセックスでした
もちろんゴム付き

82:
俺、ジムでのワークアウトはその後も続けていて
背中に10キロのプレート乗せたプランク5分可能になってました
やってみるとわかるけどかなりきついです
そしてそれは正常位にそのまま活きてくる

そして後半
上下いれかわりまりやが自由にグラインド
俺は下からまりやの口を伺いながら両乳房を狙います
盛り上がってくると腰を鷲掴みにしてグラインドに勢いをつける
と同時にティムポを腰ごといろんな角度をつけてまりやの
膣内の様々なところを突けるように実験

83:
そして最終ステージにあがったと思ったら
こちらもまりやの腰(汗で滑って太もも側になってしまうけども)
を強くもって下からガン突き

このあたりになってくるといつまりやの口からよだれが落ちてくるか
わからないので目も離せません

落ちてきたらもちろん口で受け止めてそのままキスに移り、
舌ごと強く吸い上げて同時に腰をつきあげると
舌を吸われながら「んぁぁぁぁぁーーーー」と唸るのは今も同じです

84:
この頃になると二人とも汗だくになっていて
腰をつきあげた瞬間にまりやは俺の首にしがみつき
どこかに強く爪をたてます

もう二人の快感カーブの読み違えは全くなく、かならず同時イキができます

そのときでも俺の気持ちは変わってません
まりやの一番深いところに最大硬度のマイサンを腹筋や腕の筋力がゼロになるまで
突き上げて放出し、、
まりやをできるだけ深く、声がかすれて呼吸困難になり意識が薄れるまで逝かせたい
それだけです
つまり以前と同じです

気持ちは変わっていませんが以前と比べると複雑なこと奇をてらったことなど無くかなりあっさりお互いの体を貪り、
その後はサクッとシャワーを浴びて帰ります

85:
1月までは上昇志向、かならず前回よりもさらに盛り上がってなんぼ的な感じがあったのが
巡行フェイズにはいったかのような感じ
以前はお祭りのような雰囲気もありましたがもう二人の間にも余裕のある
時間が多くなりました
前後の話題も以前のように感極まったものや思いつめたようなものはなくなり
保育園の状況、先生の話、日常的なものがメインになりました

そしてかわったのがまりやの雰囲気
以前のような少し不思議ガールな感じや男の先手を打って戸惑わせたり
伏線張って驚かせたりするようなところが全くなくなり
すごく素直で可愛い性格にかわった!!!

86:
なんだこれは一体
中学生(それもスれてない)とつきあったらこんな感じなのか、、
と思わんばかり
しかもメイクもどことなくナチュラル度があがって、というかスッピンに近い
感じでほんとに少女になったかのようなイメージです

少女イメージなんだけれどもあのカラダにあのセックス
たまらんですわ、まだまだまりやに参りっぱなし

87:
すっぴんに近いと何がいいかって
正常位でイカせたあと、目をつぶって体も顔も汗だくになって
目をつぶって必死で空気を吸っているまりやの顔がもう神々しいばかりなんですよね
これはもうね美しすぎてひくレベルですよ、
別の意味で再勃起するわ、これ

で久しぶりなんで話題はあちこちに飛びますが、、
年末~1月前半にかけてと比べるとあきらかに家庭外での頻度は落ちているので
その分家庭内で嫁子に対してですね、、、、
盛ってしまってるんですよ、、お恥ずかしながら

結婚当初ならいざしらず息子が生まれてからはがんばってなんとか週イチを
キープしている、つまりほんの少しの義務感もあったわけです

88:
それがですね
まりやのために体鍛える→でも回数は減る→行き先がほかにない
というわけで
今は3日連続とか一晩に二回半とかそれに近い状況が続いています

嫁子からも終わったあとほとんど寝落ちしながら
「俺さ、ん、、どうしたの、、最近すごいんだけど寝不足になっちゃうよ、、」
と言われています
当然普段の機嫌はすごくよいです

というわけで以前の発熱時の観劇代役のときのことと合わせても
夫婦間に問題は起きておらず、むしろうまくいってます

89:
でも相変わらず家事育児仕事で日々を回すのに必死で夜は息子より先に寝落ちし
絵本を読む声がとまって怒られるような状態ではありますが

というわけでまりやとの逢瀬の頻度が減ったことを除けば全てうまくいっている
状態、、でした
でもそれもばれないため、お互いの家庭を壊さないために仕方ないことだと
自分に理解させていました

90:
そして4月
期の初めは毎年そうなんですがかなり忙しく一ヶ月まるまるまりやとは逢えませんでした
ラインもそこそこ
でも朝の送りのときにはたまにすれ違うわけで意識をしないという状況になれるわけでも
なく
生殺し的な期間でしたね

さらに時間は進み、GWには保育園の仲良し5家族で那須旅行
しかしこれは先日書いたように何も起こりませんでした
以前の伊豆のようなこともなく本当に何もなかった

でもまあ楽しかったです

91:
子供が寝付いたあと5家族夫婦が大きな部屋であつまって飲んだり、、
このスレ的には無駄な情報ですが
各夫婦が馴れ初めや今の状況はその他夫婦に関することを
そこそこ際どいところまで話したりしてたので
うち夫婦、まりや家夫婦の話題になったときは我々二人だけが
他のメンツと違ったスリルというか楽しみをあじわっていたんじゃないかと思います
デモンストレーションこんなこと書いてるってことはつまりバーのカウンターで二人になったりとかそういうことは一切なかったってことです
とうわけで今回の書き込みは盛り上がりませんね
でもこのあと盛り上がるイベントが起こってしまいました

92:
LINEにて
(ま)「旦那君が連休明けに海外出張になってさ、遊びにくる?」
(俺)(おいおい久しぶりだなこの感じ)「え?どういうこと」
(ま)「だから一週間いないからさ、泊まりにきちゃったりする?」
(俺)「無理だからそれ、やばいでしょ」

まりやの息子君と俺は大の仲良しだ
お迎えのときなどでも~ちゃんパパーといって猛ダッシュで飛びかかってくる
もうこの時期の子供になると15キロはあるので油断してるとよろけてしまう

93:
遊びに行って顔でも見られようもんなら翌日保育園中のみんなに
昨日~ちゃんパパがうちにきたんだよーと言いふらされる

3才児はどんどん言葉が上手くなる

(ま)「うちの親が~(息子)を一晩預かりたいって前から言ってんのよ
だから俺さんも1泊出張とかさ、、できない?」
(俺)「あのさ、それ真剣に言ってる?」
(ま)「❤❤❤うん❤❤❤」

俺しばし熟考。

95:
たしかにうちの親も息子の面倒みたがる
じぃじばぁばとしては当然だろう
それもいっしょにいって遊ぶとかいっしょに散歩いくとかじゃだめで
親がいない状態で孫の面倒みたがるんだよな、それはわかる
それはわかる
だからそれはわかるってばさ

頭の中で超速でシミュレーション
全局面から考えてこれってばれないのか?
途中でこんなこと発生したりしないか、あんなことやこんなこと
そしてこういうことまで、、、考えた

わずか10分ほどで全てのリスクを考え抜いた
こういうことは俺は早い

96:
結果、、、いける、、、いけるんじゃないかこれ
と考えながら股間はフル勃起
おい今会社のデスクだぞ、俺男
立ち上がれないだろ、今
とか自虐つっこみをしながらも

(俺)「調整してみる」
(ま)「やったーーーー(ハート10個)
2泊でも3泊でもいいよ、親喜ぶし」

俺、出た、まりやの本性が、、、と思いながら
嫁子にLINE
(俺)「~月~日に泊まり出張はいりそうなんだけども大丈夫?そのあたり仕事はつまってない?
(嫁)「あいよ、がんばっといで」と即答

あっさり稟議通っちまったよ、、おい

97:
その後のまりやとの相談

まりや保育園に迎えにいく→そのままじぃじばぁば宅に送っていく(自宅、園の両方から
からチャリで10分ちょい)
まりやいっしょにご飯食べその後ひとりで帰宅
息子君はじぃじばぁばとたくさん遊びお風呂にはいって寝付かせてもらう
よく朝まりやは時間になったら迎えにいき、そのまま保育園に送っていく

俺、会社には何もいわず普通出勤
新幹線2時間のところの支社への1泊出張はそこそこの頻度でありそのときは
荷物もいつものカバンにシャツ下着の替えを入れるぐらいで普段と全く同じ

そしてそこはほんとに何度も行ってるのでもうお土産とかは買ってこない
嫁子は結婚してから一度も会社に連絡などはしてきたことないしそのリスクはない
あるとしても俺の携帯にLINEか電話だ

98:
なにかあるとしてもまりやの息子君が夜寝ないとか発熱やケガとかかな
でもそのときはまりやに連絡がいって彼女のほうが実家に出向くだろう

旦那さんは海外、嫁子はいつもの出張先に行くと思い込む

、、、、、いけちゃうね、いけちゃったね、、、これ

99:
(俺)「行けそうなんだけどもほんとに行っていいの??
(ま)「楽しみにしてるよ(ハート)、ご飯食べてきてね
久しぶりに飲もうよ、最近飲むのは嫁子とばっかりだからさ」

(俺)、、、フルボッキと同時に猛烈な罪悪感。

いいのかこれいいのかこれ
今までにもかなり大胆なことやってきたけどこれまたやばさステップアップだよな

100:
相手の家?乗り込む?まりやと旦那さんの寝室で寝るのか?
いろいろ見るだろうな、家族写真とか
旦那さんとのラブラブ写真とか
でもそういう面でのメンタルは弱くないか

でもそこでやるのか
しかも泊まり!!!!

今まで最長でも正月明けの朝から一日ホテル
そして今回泊まり、そしてまりや宅

どうなるんだこれ、まったく予測がつかない

考えてみると予測がつかない提案はいつもまりやからだな
俺は小心者だし家庭を壊すのが怖い、そこだけはおさえたい

101:
でもおさえられそうな条件がそろっちまった
ならいくしかない?男だろ、、、

行くしかないだろ、行ってイカセまくれ
と変な言葉遊びするぐらいには動転していた

かなりカウパー出てたと思う
薄手のパンツならにじむぐらい
その日は客先にいく予定なかったからGパンなので助かった

102:
そこで残る懸念がひとつ

計算してみるとその日は以前の中出しした日とは違って
排卵日の3日前だ、つまり妊娠確率かなり高い

もっとも生でやるつもりなんかないしまりやともそう約束した
でもね、スキンって100%じゃないでしょ、避妊率

そしてねあの日みたくバッツンてこともあるでしょ
バッツンと同時に逝ってしまう可能性がないとはいえない
いやあらまほしきかな
いや違うだろ、やばいよなこれ

103:
でも泊まりだろやるだろ、いいのか
いろんなことをウジウジ考えるのは全く前と変わりません

まあまりやも今回はやばいことしかけてこないだろ
排卵日近いのは本人が一番知ってるし
知ってて誘ってきたんだし、、、

しかしできればまたあの日と同じようにむしろ生理が送れぎみの日で
妊娠確率ほぼ無い期間であれば
泊まりで中出ししまくれたのかもなあとか想像してたら
またカウパー出たわ

おい!仕事しろYO、35才!

104:
もうねアホの限り、低俗の極み、ゲス極とかわらんレベルなんですがね
そのとき思ったことは
今日早く帰って息子速攻で寝付かせて
このこと想像しながら嫁子とやっちまおうってことでした

これ男にも反感買うかもしれんね
でももうここまで正直ベースで書いて怖いもんないです

1人の男の正直な感情のロト、いや吐露
いい死に方しないのはもう覚悟の上
でも対面上表面上は諸々うまくいってる
ちょっと調子にのってますね、俺

105:
でもこれで嫁子を深くイカせて気持ちよく寝かせてやり
翌日機嫌上々でお肌つやつや
息子にもイライラせずに優しく接するようにするのが夫の務め、、、
と言い聞かせることにしてそこでもう考えるのやめました

考えればいいってもんじゃない

Don't think. FEEL!

とかのブルース・リーも言ってます

なので感じることにしました

106:
そして準備と後処理に万全の構え
絶対にばれないようにだけ気をつけてあとはその日まりやの家に向かうだけです

ここだけはいくら気をつけすぎてもすぎることはない
その日までシュミレーションをして過ごします

想定外があってはいけない
テレビに出る偉い人で何かしでかした人はよく想定外という言葉を使いますが
この日のお泊りに想定外があってはいかんのです
エロい人はそこわかってくれると思う

家庭を大事にするならするほど、まりやのことが好きならその好きな分だけ
シミュレートです

112:
当日朝、朝の送りのときにまりや&息子君と同じタイミング
うちも息子連れ、息子同士は顔見た瞬間に猛ダッシュで絡みにはいり
そのまま大喧嘩になったり追いかけ合ったり
保育園の廊下で二人で追いかけ合う

まりやが走ると普段はそんなに量感を感じさせないお胸と尻の存在感が
ぐっと出てくる
ぽけっとしてる俺を尻目にまりやはキッズ二人を両腕にかかえて廊下の奥から
もどってきた
(ま)「ほらーもう年少さんでしょ、下の子たちにお手本みせてよ、お兄さんたち!」
といいながらガシガシあるく

そうだよな、結構パワーあるんだよな
腕も足も体幹も
髪型は以前より少し伸びていろんなところをふわっとはねさせた感じ
あいかわらず清楚路線で決めてるよなぁ

113:
(ま)「ほら、~ちゃんパパも手伝ってよ!」と声をかけられあわてて暴れる
息子を受け取り、そのまま担いで部屋にはいっていく

朝の所定の記録帳にささっと今日の状況とお迎え時間などを交互に書き、
終わると二人目が合う

まりや超にこにこ
(ま)「じゃ、いこっか、、」と二人でいるときのオーラをつい出してしまうまりや

園から出て自転車にまたがる二人
(ま)「じゃ、待ってるからね」と悪びれずに笑顔で言い放ち先にチャリを走らせるまりや
なんとなく動けずその後ろ姿を角を曲がるまで見てた

当日、仕事なんか手につくわけない
が手を動かさないと終わるわけもない
ガシガシやりながらもう夕方

114:
まりやからLINE
(ま)「~(息子)預けてきたら連絡するからそのあと来て」

俺、付近のスタバで待機
今日はとことんいきつくとこまでいってやるぜと気合は十分
でもまずは身だしなみだ
カラダを重ねるならまずは清潔感だ

用意しておいた下着、シャツを替える
一日仕事をすると男は微妙な匂いを放つ
もう35才だからね、そのへんわかってるのよ

なので歯間フロスに歯磨き、仕上げにリステリン
そしてウエットティッシュでお股とティムポの清掃
トランクスと靴下は新品に履き替える

115:
飲むものはコーヒーとかミルキー系なものは後で臭うので
紅茶を選ぶ、さらには出る前にも再度うがいをする

それぐらい気合は入っている
それならいっそ銭湯にでもいっといたほうがよかったなとちょっと後悔する
が銭湯でフル勃起してゲイのヤクザに狙われても困る
なのでこれでよかったのだ

まあ家にいってシャワーするのも一興だが
いやいっしょにシャワーするのかなりいいな
生活感漂う中でのいかがわしい行為、これいいんじゃない?

ベッドルームだけでなくお風呂だけでなく
玄関、廊下、リビング、いろんなところでやってやる
いやでも一晩だからな

116:
一晩いっしょに過ごすなんて最初で最後かもしれない
ならばそんな野心抱くよりもやっぱり毛布にくるまって語り合うのが
いいんじゃないか?
ワインとか飲みながら

そしてよからぬ妄想タイム

とかやってるうちにLINEキターーーーー
準備は万全なので即まりや宅に向かう
道中気をつけることはさほどないけどもさすがに自前のチャリを一晩家の前に停めておくのは
よくないので駐輪場にはよらず歩いて向かう

道すがらいろんなことを考える
入園式でひと目みたときから印象は強烈だった

117:
そして保護者会、保育参加会などで会うたびにいろんなイメージを持つようになった
そして嫁子からのビッチ情報!!
そして何よりもでかいこのスレの発見と書き込み
あとは余すことなくここに書いてる、ほとんど書いてる
バレるギリギリまで本当のこと書いてる

あと俺の心情はかっこ悪いこと卑怯なこと含めて全暴露してる
つまりその程度のチンケなおっさんなんですわ

でも今はまりやのほうしか見ない見えない考えない
いや考えるな感じろだ
今夜は感じて感じて感じまくってやる
そして宇宙で一番気持ちよくさせてやる
呼吸が止まって死んでもしらんぞ
ぐらいの勢いはある

118:
体調は万全、筋トレ効果もさらに出てる
もうあたり負け気合負け、筋力不足でパワーダウンなんてことはない、、はずだ

そしてまりや宅前
新し目のマンションでオートロック、広くて明るいエントランスホール
まりや、若干部屋着っぽい服に着替え、満面のスマイルで出迎えてくれた
文句なくプライスレスだ、背負うものなければ残る生涯収入全部つぎこんでもいいと本気で思えるスマイルだ

そして出かける服じゃないのでお胸と足、下半身などが強調される
いきなり俺の下半身に血液充填
でもまだ先は長い
この時点で夜八時半

119:
部屋にはいったら結構豪華なオードブル的なものが用意してあり
まずは乾杯、ベルギービールヒューガルデン
さわやかな口当たりで実にまりやっぽい
そして次からは竹鶴のハイボール
おいおいハイボールかよワインじゃないのかよ
でも美味い、美味いな、まりやと飲むとなんでも美味い

でもそんなものより1兆倍美味いのがまりや自身の口や汗や体液
俺うかれてんな、まじで、いいのかな、こんなんで

ちなみにここまで罪悪感なし、ただただ楽しい時間
一瞬で22時前になる

120:
まりや一瞬のスキをついてたちあがり、、ハイボールのグラスを持ったまま
俺の膝に座る
まだ笑顔で話し続ける

俺、なんとなく両手をまりやの膝に回し重ねて置く
まりや、もう顔から肩から首からかなり赤い
ちょっと舌ったらずにもなってきた

こちらも一瞬のスキをついてまりやのアゴをこちらに向けてキス
同時に舌がはいってきた
竹鶴味のまりや舌を味わう
レロレロが続く
アルコールがいい感じに下半身充血をブースト
あっという間に充填120%だ

まりやの尻にかなりの圧力であたっており彼女もわかってるはず
なんとなく尻をもじもじさせはじめ鼻がくぅんと鳴る

121:
もう言葉はいらなくなった
まりやを横抱きにしようかとおもったがなんとなくかわされ
ジョッキをもったままベッドルームに移動

ジョッキを枕元の台におきベッドイン
いや緊張するわ、、、これ、、

いつもここで旦那さんと寝てるまさにその場で

どうやら今日のためにシーツとその下にしく薄手のマットぽいものを新調してくれたらしい
そこに生活感は全くなく新しいベッドというイメージ

まずはかかっていたベッドカバーとブランケットをはぎとった後は
まりやのレギンスを脱がせる、わりとピッタリとしたサイズなので丁寧に

122:
上はてろっとしたサマーニット?みたいなやつ
袖の長さはひじあたりまでだが肩のところが大きくあいてる

下を下着だけにして上だけこのニットを着た状態のまりやをみたかったので
先にレギンスを脱がせた
結果成功
またこれ記録すべき情景だろと思ったけどもそんなところで撮影なんかしたら
興ざめだしどこから何が流出するかわからんのでやるわけもない
ただただまぶたに焼き付ける

123:
その状態で、上半身を攻める
素材はかなり危うい感じのものなので乱暴にはしない
ソフトタッチ

まりやはもうかなりじっとり汗ばんで乳房に指がしっとり張り付く
重量感がました感じさえする

279:
おい、なんか胸が大きくなってないか?
なんかでかく見えるぞ、なんだこの量感

でもこれであの息子くんにおっぱいあげてたんだよな
だいたい授乳時は大きくなりおっぱいあげ終わるとちょっとしぼむのが普通
でもなんだこの大きさ美しさは

完璧なフォルムからほんの少し重量感で下にひっぱられそれが絶妙な
バランスを保って存在感を放ってる
圧倒的なパイ
もうこれだけで敗北宣言ですよ、なんでもしますよ

280:
だいたいね男なんて生まれたらすぐにおっぱいおっぱい
卒乳しても中学にはいる前後ぐらいから色気づいてまたおっぱいおっぱい
そう考えると一生のうちのほとんどをおっぱいに支配されてる哀れな生き物なんだなあ
とかくだらんことを考える

美しさを堪能するだけでまだ先っちょはいかない
夜はまだこれからだ

まりやはベッドに横たわってる
上になってる左腕を上にあげ脇のちょっとしたから腕のほうを舐めあげると
まりやはくぅんと鼻をならし体をすくめる
すかさずまりやの舌が俺の口を狙ってくる

281:
がっつり抱き合い舌を強く絡ませあう
もう何度も相手に身を任せあった
何もいわなくても目配せしなくても
お互い何をしたいか、また何をしてほしいかが完全にわかっていた

さっきの余裕は一気になくなりいきなり全力で両手両足でまりやの体をまさぐりまくる
同時進行で二人とも全裸になる
服なんかベッドの下に投げ捨ててやる
もう髪の毛がぐっちゃぐちゃになったってかまわない
まりやもそうしてくる
お互いの体の接触面積が一番大きくなるように相手の体を貪り合う

今日はなんとなく攻め気分の度合いはまりやのほうが強いような気配を感じたので俺が下の
体勢になりまりやの攻めを受ける側になる
まりやにとってここは自分の家だ、終始余裕の表情、余裕の笑み
旦那は海外、息子くんはじぃじばぁばの家

282:
何か妨害がはいるとしたら息子くんの発熱や怪我ぐらいか
でももうこの時間だと息子くんだけでなくじぃじばぁばも寝てるだろう

つまり、、つまり、、、明日の朝までほぼ完璧に妨害ははいらない状態

やってやってやりまくるぜ!!!とおっさん的な言葉が脳裏に浮かぶ

そして最近はもっぱらシンプルになっている二人の逢瀬
今日はその反動でこれもあれもこんなこともとか想定はしてきた
イメトレしすぎて仕事中に股間パンパンにさせてたりもした
そうさ俺はそんなダメ社員、でもねそういう何気ないときのイメトレが
ふとしたときに自然な動きとなって出てくるんだよな

283:
そのイメトレシーン№1!!

まりやは俺にまたがってる状態
俺はまりやの攻めを下から受けながら徐々に体勢を下のほうにずりさげていく
俺の脇にまりやの膝があたる
そこで右手、左手の順番でまりやの股間に手を回す
両手がはいった段階でぐぐっと尻を顔のところまで持ち上げる
つまりマムが目前にくる

そうです、今夜はまりやを舐めて舐めて舐めあげる作戦なのです
もう逝かせまくってやる、、、、所存

286:
まりや「やだ、変態!」と一言
俺「気付くの遅いよ」(ずるずる、ぺろぺろ)
まりや「倍返ししてやる」
俺「(無言)」(ずるずる、ぺろぺろ)
まりや「、、、、、」
俺「(無言)」(ずるずる、ぺろぺろ)

まだ両手はまりやのふとももを抱えた状態
つまり舌だけで攻めている

唇で両側の肉のひだをゆるくつまみスリットが少し開くように
クリがこんにちわするのでそこをすかさず弱めにすする
蕎麦をすするように
そしてすすった直後に舌の先でクリにタッチ&レロレロ

287:
これを繰り返す
太ももはがっちりホールドして逃さない
クリへの刺激はそこそこあるようで3回に一回ぐらいまりやの腰が上に逃げようとする
でもホールドは固いので逃げられない

まりや「ぅん、ぅん、ぅん、ぅぅぅん」
俺「(無言)」(ずるずる、ぺろぺろ)

すでに俺の顔の下半分はまりや汁でずぶ濡れ
たまに強く舌をマムに深くつきさしてレロレロ

まりや上半身が動いてる気配、たぶん背中が反り返ってるような感じ

声が大きくなっていつもの
「んーーーーーあぁぁ」
になってきた

288:
頃合いはよし
強い総合格闘家は下からの攻め技を必ず持っている
俺もそれにならう

右手を太ももを回してさらに上からマムのほうに回し、マムを開かせる
ちゃんとは届かないがクリを覗かせることはできる

そして舌はクリを回すようにレロレロ
乳首を舌で攻めるように
そして微妙に息も吸い込むようにすする
さらに左手はホールドをとき、菊の御紋を親指で強めに刺激、そして爪が当たらないように少しネジ入れる

まりや「ぐぅぅぅぅ」と動物のような声になる

289:
マムからのまりや汁はぼとぼと出てくるようになり顔全体がずぶずぶに濡れた

よし、効いてると思った俺、もっと攻め込もうと
左手の親指にまりや汁をすりこみ菊紋にぐぐっと入れながら舌をマムにできるかぎり
深く差し込む、そのかわり右手をちょっとがんばってクリにタッチ!!!

まりや、声が最高潮になり、体幹が微妙に痙攣まじりになる
俺としてはここで一回いかせたい
刺激継続

まりや「ん、もぅっ」と言いながら
(おそらく)体を少し後に反らせ、俺のティムポをつかみしごき始める
反撃のスタートか

290:
でも気持ちよくない
不自然な姿勢からなのでいつもの妖術のような気持ちよさが全く感じられない
俺、超余裕

さらにマム&御紋への刺激を継続
まりやの手がとまる

俺、完全勝利宣言

舌で舐めあげていかせるのこれがはじめてだなーとか余裕で思いながらレロレロチュッチュグリグリを
強弱つけながら続け、まりやの声が
「あっあっあっあっ」と小刻みになったとき、、、

枕元においてあったまりやの携帯がブーーーーっブーーーーっと振動

291:
まりや、携帯を手にとったような気配
俺、まりやのマムが顔面にある状態のまま「出てもいいよ」と声をかける

まりや「お疲れ様ー」

まりや「うんもう寝たよ、今日はごはんたくさん食べたよ」

この時点で旦那君からの電話だと確定

まりや「そっちはどう?暑い?」

まりや「じぃじばぁばは元気だったよ、息子くんの顔みて張り切ってたけど
あの年の子一晩面倒見るってよくわかってないと思うから、明日の朝へとへとに
なってないといいけど、、、」

まりや「うん、うん、、、、、うんそれは言ってある」

まりや「あーーー、、、そ、う、だねー、、んとーーー」

292:
この段階で俺の顔をまたぐ状態から抜け出し、四つん這いから肘をついた状態で上半身だけ
布団をがばっとかぶった状態で話し始めた

会話の内容には全く興味ないし聞くつもりもない
でも、、豊かなヒップがこっちを睨んでいる

照明はまだついたまま
つまりべっとべとに濡れたマム、御紋、太ももがこちらを見ている

これは何もしないのが失礼ってことでいい?いいよな、そうだよな

どうですか!お客さん!!!

293:
でもAVでよくある、、旦那と電話させながらがっつりピスってはぁはぁ
会話も途切れ途切れ

♂「おいどうしたんだ」
♀「ん、ちょっと風邪っぽくて、ごめんなさい」

ピスずこずこ

♀「そういえばね、ん、、んん、」
♂「どうしたんだよ、そんなに具合悪いのか?大丈夫かよ」
♀「だいじょう、、ぶ、、だから、、ああっ」

ピスずこずこずこずこ

♀「んんんんっ、、、も、、もう切るね、、、ごめんなさ、、ああああああ」
♂「おいどうしたんだよ、おい!おーーーい!」

294:
ってのがやりたかったわけじゃない
前にも書いたけども今は絶対に何があってもばれちゃいけない状態
一瞬で両家族のいろんなことが無くなってしまう、それだけは避けたい

それはわかってる
でもね、、、目の前にじゅくじゅくに熟しきった果実がぶらさがってるんだよ
したたる果汁でぴかぴかにひかって湯気までたってるような果実
これに手を出さない男がいるだろうか、いや、いまい  (前も書いたなこれ)

だからね上のようなばれるかどうかのギリギリの線を楽しむNTR属性とかそういうのじゃないんです
いや寝取り属性か、、どっちでもいいや

295:
そういうのでなくて単に目の前の果実に触れたい
そしてほんのちょっとのいたずら心
ここ、男の子としてはなくしちゃダメなとこですよ、どちらも

だよな

だから行動です

行動のないところに結果なし

296:
o2  

こんな風になってるまりやの後に近づく
ベッドが揺れてるのでたぶん近づいたのはわかってると思う、二人の会話は続いてる

マムに2センチまで近づき、ふっと息をかける
→無反応

クリが少し顔出てる状態だったので舌先でつんと一突き
→無反応

舌を突き出し、マム前部からスリット、クリを経由して御紋までべろーーーーっと舐めあげる
→背中がびくっとなったがそれだけ

ふむどうしたものか

297:
背中に右手の爪側を這わせ一周してから両手で尻を強めに爪をたててつかむ
そこでまりや、左手で俺の手をばしっと叩き、足を伸ばして寝転んじまった

クリはもう奥深く、御紋もほぼ見えない

さてどうしたものか 会話はまだ続いていて終わりそうな気配はない

おとなしくやめて待つか、深追いするか
またここで上の二律背反な状況がいったりきたりする

でもね初志貫徹ですよ、やるといったら最後までやる
決めたら行動が早いのが俺

298:
相変わらず足なっげーなこいつ
とか思ってるヒマはない

さっとまりやの横にいき足を少し広めに開く
まりや素直に従う 会話は続いてる

太ももの内側をゆっくりなでる、そして次第に指を立て気味に力をいれてなでる
→まりや無反応

まりやの真後にはいり、尻っぺたを両手でつかんだ状態で両方の親指をかわりばんこに
スリットの外側をなでるようになでいれる
そして指がそろったときにちょっとマムを開いたりしめたり
でもクリには触らない

手を自由にうごかし、右手の指は御紋の上を経由するように、そしてたまに強く刺激する
それでもまだ無反応、会話に集中しているのか

299:
まだまだ攻める
ちょっと首に負荷がかかることを覚悟で
足をさらに開かせそのままうつ伏せに寝転んでマムにはいりこみ舌でのクリ攻撃に挑戦だ

まずマムに舌を差し込む、この時点で腰が少し浮く
まりやが意識的に腰をうかせようとしたというよりも刺激でつい腰がハネたような感じ
鼻先は御紋に到着

ちょうどクリに舌が届く姿勢になったのでここぞとばかりに攻め入る
レロレロと吸い付きの両方を交互に、、右手は御紋タッチ

まりやの腰がぐぐぐぐと上がる
舌の動きをさらに激しくするが、、もうこれは限界と見て選手交代
右手の指だ、それも2本だ
中指と薬指を添え、マムにイン

300:
もう状況は出来上がっているので最初からMAXの80%ぐらいの激しさでマムとGスポを刺激
まりやの背中が丸くなったり反り上がったり忙しい
右手のほかの指からはまりや汁がぼとぼと滴る

ぐっちゅぐっちゅと激しい音
でも布団かぶってるから大丈夫だろ、、、、

まりやの背中がまるまったまんまで痙攣になった

よし、いけると見た俺、指の動きをMAX、左手も布団に差し込み背中から乳房に向けて援護射撃の刺激

301:
そこでまりや、、ばさーーーっと布団をはねのけ膝立ちになった!!!!!

俺の予想ではまりやは苦しげかつ切なそうな表情で眉間にはシワを寄せ
怒ったような顔でこっちを睨む、、、、と思った矢先、

まりやは満面の笑み、しかもあの爽やか&清楚なスマイルで壁のほうを見ながら一層大きな声で
旦那君と会話

全身ぼっとぼとの汗まみれ、そりゃそうだ結構な時間布団かぶって話してたんだからな

この超余裕なまりやに悔しくなり、俺背後にぴったりくっつきティムポもまりやの
尻スリットにあて両手を前にまわして乳房とマムを攻める

全身汗まみれなのでまりやのどこをさわってもぬっらぬらだ

もちろんうなじも舌を這わせる

302:
まりや、会話のところどころに「そだねー」という女子カーリング選手の口ぐせをはさみこむほどの余裕
顔はニコニコ、でも全身汗まみれ

なんかその姿がちょっと神々しくみえましたよ、まさにマリヤ様、合掌

でもね同時に猛烈な敗北感
ちょっと前まで完全勝利とかいってたのがもう一挙に逆転ですわ
情けないですわ

もうねこうなったらね、最後の手段、これしかないですよ
上でね、AVのような展開には興味ねー的なこと言ってましたがね
前言撤回
ええ、俺はその程度の人間っすよ
戦局不利とみたら手段を選んではいられない

303:
一度まりやから離れ、枕元につまれたタオルですばやく股間を拭き、スキン装着
膝立ちで話すまりやの上半身を前のめりにさせ、、
もう一度尻側からマムに2本指挿入、数往復で濡れを確認&ブーストしたあと
ティムポでマムを狙う

先っちょでマムスリットをちょんちょん伺い、狙いが定まったらいっきに突き上げる

つもりだった、、、

しかしそのタイミングで電話が終わりそうな雰囲気になる

304:
まりや「うん、うん、じゃあまあそういうことで」

まりや「残りのミッションも頑張んだよーでも無理しないで、元気な顔で帰っておいでーーーーー」

まりや「~(息子くん)もパパとじゃないとお風呂はいらないって毎日言いはって大変なんだからね、帰ったら~のお風呂よろしく!じゃあね、愛してるよ」

電話を切って投げ捨てたまりや

にこにこ顔のまま「んもーーーー仕返ししてやる!!!」

俺を思い切り突き飛ばし足に飛び乗ってきた
片手で二回ぐらいティムポを根本からしぼりあげ、スキンを軽やかにはずし
一気に口でくわえ込む
その時も少し舌が先に出てマイサンを迎え入れる

相変わらずのエロさマックス

305:
しかし俺もそのまま攻められるわけにはいかない
ティムポを軸にして体を回転させまりやの下に上半身をすべりこませる
つまり69の体勢

両者一進一退の攻防
でもこの状態での攻防は長くは続かず

69をとき、またまりやが上にまたがる
まりや「仕返ししてやるから」と真顔

キス&舌を強くからませながらティムポを数回しごき
マムに導く
先っちょがまさに入ろうとする

306:
俺「ん」
俺「んー」
俺「んーーー」

ちょっと待った、今日ここで生で入れられちゃったらもう我慢できなくなるぜ

まりや返事はなく無言で不敵な笑い
またキス&舌を絡ませる

また先っちょイン、、、、インしたかと思ったら1グラインドで根本まで一気にまりやにつつまれた
しっとり潤ったマムにずっぽり根本まで

一気に突き上げてやると思ったらそのまんま逆転ですわ、しかも生

307:
俺、以前にまりやには中出ししまくった日があるのでその一瞬の事実だけで狼狽はしない
でもいいのか
生はやめようというルールは話し合って決めた、でも仕掛けてきたのはまりやのほうだ

しかしこれは言い訳にはならない
事が起こったら連帯責任、いやむしろ男のほうが責任重くても不思議はない

これこれこういう事情でね、いやあちらさんのほうからずっぽりとね、いやほんとですってまじですわこれ
だからね、俺のほうにそれいわれても困るんですわー、ほんま堪忍ですわーって関西弁で言っても通らないよな

だったら今勇気をもって抜かないと、、、まりやを止めよう

とかヘチマとか、、

今これ書いてるのはそのときじゃないからね

308:
そのときはそんなこと考える余裕がない、いや余裕がないといよりも余地がない

まりやの判断でまりやのほうから真剣な表情で俺を包み込み、
そしてふわっと抱きしめられて舌を口に差し込まれる
そして絶妙な腰使いではじまるグラインド

思考停止というのとも違う、ええいやっちゃえというのとも違う
若干の違和感を承知で書くならは、、、

なにか自然の摂理として、物事の理として、もしくは抗えない神の意思として
これはちょっと大げさだな

でもそのときは細かいことを考えず、やばいとか何かを失うとか
そうなったらどうしようとか

309:
そういうことが全く頭に浮かばず、、、
水が高いところから低いほうに流れる
太陽が東から登って西に沈む
潮が一定の間隔で満ちて引く

それと同じレベルで自然とまりやにつつまれ、自然とまりやと抱き合い
まりやは全力でマムを締め付け、俺は全力で一番奥を突き続けた

ただ自然とそうなった
そこには何の不足も余分もなく二人がそれによって完璧になった

そんなイメージでした

310:
時間にしてどれぐらいだろう、もうわからない
でも正常位から上半身を起こし、片方の足をかついで松葉くずしになったあと
バックになり、、という今までもこなしている一連の体位ルーティン

でも何かが違う、すべての体位がスペシャルな感じ
まるではじめて女性と体を交えたような感覚に襲われた

そして正常位に戻ってきた

311:
俺は上半身を前45度ぐらいの角度にし片手で上半身を支え、もう片方の手で
まりやの太ももから尻にかけてを軽く持ち上げて猛烈激ピス
もう感情がはいりまくってやばい状態になってた
これはまさに!感情のダンプカーやーー

いや違う
感情の風速50m、今までに経験したことのない猛吹雪です
直ちに命を守る行動に出てください、
それくらいの勢い

腰というか全身が何かにコントロールされて勝手に動かされている
筋トレと有酸素でいじめ抜いた体もギリギリの状態

まりやが俺の上半身をひきよせまたキスをねだる
俺、キスは一瞬だけして交わし、
まりやの枕におでこを載せて両膝とおでこだけで体を支えピス継続

312:
そしてフリーになった両手でまりやの尻をがっしりつかみ全力で自分のティムポに
押し付ける
そして全身全霊をかけてピス、鬼ピス
腹筋切れる勢いでピス

まりや、あえぎ声はほぼかすれた声で
「ああっああっああっああっ」と叫ぶ

そしてかすれ声で
まりや「お、れ、さ、ん、、、、き、も、ち、い、い、よ、う、、、、ああっああーーーー」

俺、感極まって「まりや、、好きだ、愛してる」とつい言ってしまう

もうここまできて何をいっとるんやとおもわれそうだけども
なんとなくまだ相手に対して好きだ、愛してると言うのは後ろめたい気持ちが残っていた

とくに体をあわせながらそれを言うのはNGのような気がしていた
でも言ってしまった
そこまでもう来ているんだと思う

313:
まりや「すき、あい、し、、てる、、あいしてるよぅぅぅ、、わああああああああ、」と返す

俺、快感カーブがいまだかつてないレベルの、でも最終ステージの最終段階にきてるのがわかった

まりや「きて、俺さんこのままきて、もう、、もういく」という言葉を合図に

まりやの尻をつかんでいた両手をといて右手をまりやの左わきの下から体を抱き、左手をまりやの後頭部に回し
全力でまりやにしがみつきながら、マムの一番奥にびゅーーーーーびゅーーーーっびゅーーーーーっと何度も放出

ふたりとも同時に「うおおおおお」とか「わーーーーー」とか叫んでいたと思う

腕、体幹、太もものすべての力を使い切った俺、そのまままりやのすぐ横に倒れ込む

ふたりとも頭からつま先まで体液でずぶぬれ、息が荒いまま意識がなくなり落ちる

いかがでしたでしょうか‥。羨ましい限りですが、中出しセックスをすることが常套化しつつあるのが危険ですよねw。

しかも今回はとうとう彼女の家で情事をしてしまうほど‥こんなところ近隣の住人に見られたりしたら問題になると思うのだが‥。。

この旦那さんがすごいことはある意味セックスのためにジムに通って鍛え、まりやさんとのセックスもですが、自分の嫁さんともセックスの頻度を上げてしまったことです。

何も知らない奥様としては喜ばしいことと感じているかもしれませんが、実際は自分の友人と浮気をしているのだから‥可愛そうで仕方ありませんよね‥。。

まあしかし不倫も文化って誰かが申していましたが、このあとの彼らの行く末が今後も気になるものと今回もなりました。

さて、今回はここまでですが、改めて進捗があり次第まとめ記事の続きをご紹介致しますので次回までお楽しみに!!

-浮気・不倫をする人妻の特徴や攻略

Copyright© 人妻ツーショットダイヤル情報局「熟女キラーズ」 , 2019 All Rights Reserved.